My Sociology 

飯山一郎先生とその支持者の方々へ


今回の無断転載の件について所感を述べさせて頂きたいと思います。

ご承知のとおり拙ブログの会員制化は、一昨年に不特定多数を対象とする政治系ブログの刑事罰化が国会答弁されたことを受け、言論活動を継続するための苦肉の対処であり、それについては全く恥じることがないと考える次第です。

逆説的にこの媒体は非公共化によってのみ存続可能であり、無断転載により公共化されるならば存続不能となり、ひいては自身の言論活動そのものが終焉するわけです。またご存知のように僕は各方面からスラップ訴訟の圧を受け、今時点においても決して安全圏から言論を発しているのではありません。むしろ新法の自由解釈性においては今後拘束される蓋然性が高く、すなわち一つの覚悟をもって言論に臨んでいると言えるでしょう。

繰り返しますが頭ごなしに引用や転載を禁止しているのではなく、「事前に相談があれば常識の範囲内での転載に応じる」とまで告知しているのであり、今回の件はそのような譲歩を全く踏みにじる行為であったわけです。そのうえ会員には障害を持つ子供さんを抱え一人で育てられている女性、重度の疾患を抱え入退院を繰り返している高齢者など、経済的に苦しいなか購読料を捻出して下さっている方々がおられ、無断転載とはそのような人々の厚意に唾棄する行為でもあるわけです。

ちなみに僕はたった一つの記事を綴るため幾冊もの書籍を購入し、資料を渉猟し、7時間、8時間以上の時間を投じ、そうやって仕上げた原稿を数週間寝かせ、さらに推敲を繰り返すという作業を継続しております。なぜなら<等価性のあるコンテンツ>とはそれだけの質が問われるのであり、それがプロ意識であり、「何が事実であるのか」という検証作業は、それだけの厳しさが要求されるからです。ゆえに、そのような労作を無断転載することには今後も応じることができません。それはまさに自身の全存在であるからです。

なお僕は自説がすべて「作業仮説」であると捉えております。それはつまり仮に主張が間違いだとしても、それを検証することによりさらに精度の高い仮説が導出できる仮説に他なりません。そして自説を覆す新たな観察事実が認められた際には潔く撤回するという「反証可能性」を掲げるのであり、それがすなわち「境界設定問題(科学と疑似科学との線引き)」という言論のスタンスなのです。だからこそ僕は異論や反論に対し閉じるのではなく、常に開いていたいと思うのです。

僕は飯山先生によって言論人として世に送り出して頂いた者であり、今なおそのような自覚に変わりはありません。だからこそ8冊の自著すべてに飯山先生の御名前を刻み謝意を述べているのであり、それが偽らざる真意なのです。

今週から配信予定である新著の”あとがき”を下記に掲載致しますが、これは読者よりむしろ自身に向けたメッセージであり、つまるところ自戒の覚書に他なりません。

最後までありがとうございました。

(本エントリーは一般公開記事につき転載自由です。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「終末社会学用語辞典」 あとがき より

僕はこれまで執筆のため膨大な書籍と資料を渉猟し、それを取りまとめファイル化してきたのだが(記憶力が悪いことから苦肉の策であるのだが)、本書はその集約でありネタ帳と言えるだろう。

このようなモノを公開することは手の内を明かすことに等しく、むしろ後生大事に抱え込み、小出しにして記事に盛り込むほうが経済合理に適っているのだが、僕はあえて吐き出すことを選択したのだ。つまりそれにより新たな知識の修得を否応なく迫られるのであり、そのような状況下で自身の知的枠組を引き上げたいと考えたのである。

おおよそヒトは知識行動においても安住を求める生き物であり、少しばかり油断すると何もかも知っているかのように錯覚し、一旦それに固着してしまえばたちまち劣化してしまうのだ。知識の自負は清流を遮るダムや堰にも等しく、新たな分子や新鮮な酸素の供給を絶たれた水が汚濁するように、変化を拒絶する精神もまた容易く腐敗するのである。

だからこそ我々は退嬰してはならないのであり、決して「閉じてはならない」のであり、常に「開いていなければならない」のであり、細胞の若さと同じく精神の若さもまた代謝によって担保されるのである。

あらためて知性とは知識の多寡ではなく精神の柔らかさであり、他者の痛みを自身のそれとして慮る心性であり、新たな何かを獲得し変化する可塑性であり、あらゆる二極を統合して思考する理性であり、知識世界と自身の内実を相対化する謙虚さであり、旧い自身を潔く処分し未知を受け入れる覚悟であり、すなわち自説すら疑うという度量に他ならない。

かくして僕は本書の刊行により自身の初期化を果たしたのであり、そしてこれからも住することなく不断の自己破壊に賭けたいのだ。

スポンサーサイト

grand sum 

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

disillusion this illusion 

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

-ism and -ist 

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

psychological warfare 

先日から僕は私用のため高知県の西部に滞在しているのですが、暴風雨圏内であるはずの当地において、前日も当日もそのような痕跡が殆どありませんでした。つまり<大型台風>という現象そのものが存在しなかったのです。

すでに皆様方もお気づきのとおり、一連の過剰報道は戦争法案の成立から国民の意識を逸らすためのスピン(陽動)に他なりません。局地的に浸水などの被害があるものの、実際のスケールは気象庁発表の1/2にも達することがなく、つまり小規模台風を大規模なそれにでっち上げたに過ぎず、昨年の特定秘密保護法審議に合わせスーパー台風襲来を喧伝したのと全く同じスキームが援用されているわけです。

前回はNASAによりCG加工された衛星写真が用いられたのですが、このような経緯を勘案すれば、今回の陽動も米国指導のもとで実効されたことはほぼ間違いないと思います。そしてそれは今後の民衆誘導に向けたテスティングでもあり、つまり戦争国家と全体主義を目的とするハイモダニティ(超現代的)な心理実験でもあるのです。

様相は「モデルが現実に先行する」というボードリヤール理論そのものと言えるでしょう。いまや民衆が触知する<現実>とは起源やオリジナルを持たない疑似像の劣化コピーであり、すなわち<シミュラクラ>によって成形される模造世界なのであり、すでに新聞テレビは自然災害であろうがテロリズムであろうが<現実>それ自体を生産可能なのであり、この体系は破局が公然となるまで「メディアの魔術操作」に幻惑され続けるのです。


Shanghai Express 

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

Modern Day Cyber-Punk 

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

Here's Thought Crime Cascade 

*新しい記事は下段に投稿しておりますので、このままスクロールして閲覧下さいませ。



「思想犯罪CASCADE」を配信する次第だ。

コンテンツは今年1月に逝去した高橋博彦氏との対話集を中心に構成しているのだが、これはおそらく現代の社会科学書において最高レベルのディアレクテーク(哲学的問答)だと思うのだ。周知のとおり彼は極右の保守言論者であるのに対し、僕はリベラルの位相からそれを止揚する者であり、本来的に両者は激しく対立する二項だと言えるだろう。

しかし諸対立の合同と調和だけが理性の連続的発展を促すのであり、全ての論争問題において真理は常に中間に存在するのであり、それはすなわち対立する諸要素の統合であり、かくして我々はイデオロギーを超克し一つの世界観を共有するに至ったのだが、プロセスは「テーゼ(命題)とアンチテーゼ(反命題)が衝突し、終局的にジンテーゼ(綜合命題)化する」という弁証法の手続きそのものなのだ。

いずれにしろ死の直前まで言論に取り組み、民族に警鐘を鳴らし続けた故人の遺志を汲み上げて頂けるなら幸いである。

なお巻末では重要国土売却による防衛力消失、嫌韓デモに隠された政治的作為、米英による金融情報抽出などのルポルタージュを付録に加え、さらに「マスコミが報道しない小沢一郎の英雄的行為とは何だったのか?」とのタイトルで巨大掲示板に投稿され反響を呼んだ小論を全文収録している。

これらはいずれも崩壊の今時代に生きるニホンジン必読の論集であり、右派も左派も無党派も、これまで拙著に触れたことがない方々も、政治や経済の話など疎ましいと思う人々も、ぜひ一度目を通して頂きたい。また今回はパブリックドメイン(公共資産)化した映画「メトロポリス」からスチール写真を援用することにより抽象度を高め、過去作品では実現できなかった視覚のアート性を加味したと付記しておく。

末筆ながら、コンテンツの書籍化に賛同して下さったブロマガ購読者の皆様方に感謝を申し伝えたい。

本当にありがとう。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



(まえがきより)

本書は会員制ブログマガジン「独りファシズム Ver.0.2」(2014年5月 - 12月)を編集したものである。

僕は社会改革を目指しているわけでもなく、まして政治的動機やイデオロギー的情熱などもなく、ただ表現と省察にとりつかれ論を綴ってきたのだが、おそらく今後もそのようなスタンスに変わりはないのだと思う。

しかし有償であるため配信直後から等価性という外部評価を突きつけられたのであり、まして膨大な情報が無償で入手できる電脳の時代においては、それらと差異化する付加価値が厳しく問われるのであり、かくしてクオリティを把持し続けることが絶対的課題となったわけだ。換言するならば「プロ意識」の命題化である。

いずれにしろそのような重圧のもと悪戦苦闘しながら書き上げた論群の堆積が本書であり、だからこそ一文一文が高密度を保ち普遍性を留めていると自負する次第だ。

なおカバーに印したXXX(triple X) Hardcore とはポルノ映画など過激コンテンツの表徴であると同時に、「絶対の核心」あるいは「筋金入り」という意趣の表象であり、すなわち迎合主義や予定調和の一切を排除し、いかなる規範にも権威にも囚われることなく、ひたすら本質だけを凝視する魂意の表明であり、最悪の文字禍を甘受する度量の表顕であるとご理解頂きたい。

これから皆様方は本書を通じ思想世界の未踏域に踏み込もうとしているのだが、それは「ポスト・モダン(現代文明終焉後の世界論)」の新たな領野を開拓する試みなのかもしれない。そして閲読(他の情報ソースと照合し、裏を取りながら読むこと)により認知基盤の揺らぎを感知するのだとすれば、それは旧い自身が予期せぬ者に刷新された「異化効果」の衝撃に他ならないのだ。

正統の読書とは啓蒙的でなく真逆に破壊的で常軌を逸したものであり、それは恍惚として自己が粉砕される愉なのであり、禁圧の時代においてはインディ―ズ(地下出版)だけがそのようなエナジーを孕むのであり、おそらく電脳本は我々に残された最後の知的領土なのだろう。

正気と狂気の境界は朦朧を極め錯雑とし、誰もが恐怖の当事者であり、格子なき牢獄の捕囚者であり、だからこそ現実を探求し喫緊の生存戦略を問い続けるのであり、そして僕のディスクール(哲学的言説)がこの扉絵のごとく、五感を覆い尽くしたシミュラクラ(メディアの疑似像)を粉砕し、覚醒を試みる者たちの一助となるのであれば、論者としてこれに勝る幸いは無いのだと思う。

                                  2015年5月22日  響堂雪乃

cascade表紙新77 png

購読はこちらから →  http://p.booklog.jp/book/91726/read   価格 ¥1000

(アマゾンでの取り扱いは7月第3週頃を予定。先にパブーで購読しキンドル端末へ送信することも可能です。なお本書は先に発売された「略奪者のロジック4 - 世界システムを論証する207の言葉たち - 」の原書となりますので、重複を了承のうえ購読するよう願い申し上げます。誤植が発生した場合はその都度修正し対処致します。再ダウンロードは回数に関わらず無料です。)

本書の概要

「SLAUGHTERHOUSE グローバル資本は国家と人間を解体する」より3年ぶりとなる書下ろし論文集。2014年1月に逝去した極右作家・高橋博彦とのディアレクテーク(対話集)を中心に64編を収録。多国籍企業支配、TPPの侵略本質、イデオロギー化した反知識主義、ショック・ドクトリン(惨事便乗型外交要綱)、パラポリティクス(政治的選択肢の消失)、原発事故による棄民、社会統合策としての戦争国家構想、官報化するマスメディアなど21世紀二ホンの破局本質を社会科学、政治科学、歴史科学、認知心理学などの視点から徹底検証。

第1章

Battle of Words 1 (外国人投資家による国家統治)
Battle of Words 2 (国民は国家によって売られた)
Battle of Words 3 (すでに政治的選択肢など無い)
Battle of Words 4 (現出したオーウェル世界)
Battle of Words 5 (全体主義が最終調整される)
Oppress (小沢一郎の英雄的行為とは何だったのか)

第2章

Rogue Economics (我々は主権者ではない)
We are the Dead (人間精神はすでに滅んでいる)
Escape from Freedom (高らかなる棄民宣言)
Johnny Got His Gun (全ては政治的フィクション)
Known as Brainwashing (公共放送という洗脳機関)
Ashes to Ashes (独裁は知性を憎悪する)
Cyberpunk is Not Dead  (経済的動機による錯乱)

第3章

Plein Soleil (ナチ的観念操作に他ならない)
Yapoo, the human cattle  (公から私への富の移転)
canary in a coal mine (叛逆を卵の段階で削除する)
Welcome to the Desert of Real  (次世代の消失)
grotesque (構造的暴力を助長する醜悪)
Simulation 4th (孤立する知者たちへ)
Neo Fascio (いかにして認知は攪乱されるのか)

第4章

no alternative (全野党が自民党の衛星政党である)
Brain Machine Interface (言語破壊による意識収奪)
like a hard dog (すでに粛清は始まっている)
What Alice Found There (戦争が利潤機会なのだ)
Die letzten Tage (官吏が実証するアイヒマン理論)
Battle of Words 6 (在日はスケープゴートにされた)
Battle of Words 7 (終焉を迎えた二ホン国文明)

第5章

something to live for  (ネット言論もゴミ山である)
Kingdom Rush (金融緩和というインサイダー)
quiet life again  (すでに知的降伏状態なのだ)
Simulacra Postmodernism (米国主導の宣伝工作)
Shuffle (カタストロフは未来からの審問である)
News of the World (多国籍企業の利潤が第一)
Man the Hunted (われ反逆する、故にわれらあり)

第6章

Battle of Words 8 (最高のプロパガンディスト)
Battle of Words 9 (敵国条項が解除されていない)
Battle of Words 10 (思考の断片化が加速する)
Battle of Words 11 (それは支配民族の普遍衝動)
Battle of Words 12 (経済格差は生存格差となった)
Battle of Words 13 (売国のインセンティブとは)
Panopticon (スターリン体制の再興)

付録1

Promised Land 1 (二ホン売ります)
Promised Land 2 (外国人が国土を買い漁る)
Promised Land 3 (取得された国家中枢)
Promised Land 4 (もはや戦争すらできない)
Watching You 1 (情報は全て抽出される)
Watching You 2 (絶対に負けないマネーゲーム)
Watching You 3 (米国規準のバックドア)

付録2

Animal Farm 1 (属国民同士の対立)
Animal Farm 2 (支配本質を隠蔽する装置として)
I’m the Hollywood Tease 1 (資本が新領土を求める)
I’m the Hollywood Tease 2 (戦争はドラマツルギー)
I’m the Hollywood Tease 3 (典型的な侵略戦争)
I’m the Hollywood Tease 4 (日銀とナチスの連携)

symmetria 

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

Lord of the Flies 

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?